菊切手・第四種便

画像は、菊切手のアルバムから2銭切手1枚貼りの第四種便で、下方に「営業用見本」の書き込みがあります。
普通にどこにでもある使用例なので、基本マテリアルとしてぜひ入手しておきたいもの。
もちろん、お値段は最低クラスで入手も容易です。

データは、横浜・明治41年3月10日の抹消印で、京橋3月11日の配達印が押されています。

面白いのは京橋局の消印で、その部分を拡大して正位置に回転させたのが下の画像。

年月日を見るとアレレって感じですよねぇ。
櫛型印なのに、丸二型印の日付活字を挿入して使っています。

これ自体は稀にある使用例なので超珍しいわけではありませんが、普通の使用例の中にちょっとした隠し味になっていいものです。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *