郵趣史

ルボン砲兵大尉の軍事郵便カバー

2020年2月25日 郵趣史
1ページに10通のカバーが重ね貼りされたオークションカタログ。その中に、ヒッソリと隠れるように名品が・・・。 1981年4月5日に東京で開催された Richard Wolffers オークション。カタログには明記されていませんでしたが、在日外国局の郵便史家であり、日本初期切手の収集家として、またIS…

小早川商会

2020年2月12日 郵趣史
画像は、和田商店と並んで日本の切手商の草分け的な存在であった小早川商会が差し立てた使用例。印刷物なので、価格表を送ったものかも知れません。 消印データは、横浜局の欧文印で1912年10月17日ですから、大正元年。 小早川商会と言えば、忘れていけないのは『大日本古銭古郵券雑誌』の発行元であることで、そ…

連合基金オークション1986

2019年10月21日 郵趣史
以前に(財)日本郵趣連合の財政基盤を安定させるために、毎年、基金オークションが行われていたことは、皆さんもよくご存知だと思います。たしか、東京のタカハシ(サンフィラはどうだったかな?)、大阪のカメリアが交互に開催していたように記憶しています。 このオークションは、それ用に出品物が集積され、また当時の…