ワイルディング・1d切手帳

ワイルディング・シリーズの中から、St. Edward’s Crown 透しの1d切手帳ペーンのリーフで、割りと気に入っています。

未使用の上段は、左が通常透しで、右が逆透し。
と言っても、透しのバラエティはリーフ上では見えませんから、つまらないですね。
実際に目に見えると、もっと楽しいリーフになるのですが・・・。

下段のカバーは、ジブラルタル宛で合計4dが貼ってあります。
これは、1950年10月〜1957年9月までの重量1オンス以下の航空郵便料金に対応するもので、ロンドン1955年9月22日の消印と矛盾するものではありません。
貼られている4d分の切手は、切手帳ペーンの完貼りと、同じく切手帳ペーンから切り取ったタブ付き1枚が貼られた好ましい使用例で、その他、嬉しいオマケ付き!

と言うのは、左から2枚目の切手なのですが、その拡大画像が下になります。
赤丸の中を見てもらうと、弧を描いた線の途中で上方に向かってヒゲが出ていますね。

これは、定常変種として『ギボンズ専門版』カタログにも記録されているもので、シリンダー番号 F6 no dot に存在するもの。

特にそのような注記があって売られていたものではないのですが、買った後にルーペを覗いていて気がついたもので、ちょっとお得なお買い物でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。必須項目には印がついています *